バストアップ方法 それぞれのメリット・デメリット

バストアップ方法を探した時に、色んな方法があると思うのでどれにしようかとても迷いますよね?

 

 

バストアップの代表的な方法からメリット・デメリットを見て分かったこと・自分に合うものを探してみました。

 

1.豊胸手術
メリットとしては、すぐにバストアップ効果が得ることができます。大きくなる手術をしているので当たり前ですね。
デメリットとしてよく聞かれるのが、費用が高いのに維持費がかかる、しこりになったり形がいびつになったりと見た目や触り心地に影響が出るリスクがある。
実際に、身体にメスを入れるわけですから、それなりの覚悟と費用が必要となります。
私は自分の身体に異物が入るということが怖いのでオススメはできないですね。

 

2.バストアップブラ・補正下着
着用してバストの形を矯正できる、メリハリボディに見せる効果があるというメリットがありますね。
ただ、高価だから毎日使えない・締め付けが苦しく肌に負担がかかる・デザインが可愛くないなどという欠点があります。
下着だけでは大きくするというよりも形を綺麗にするというイメージがあるので、普段使用している下着を着けた時にはその効果は得られないと思います。

 

3.マッサージ・バストアップ体操
自宅で低コストでできて、血行促進やリンパの流れが良くなるというメリットがあります。
しかし、毎日地道に続けなければ効果がない、その割に効果が分かりずらいという意見も聞かれます。
全く効果が出ないわけではないですが、マッサージや体操だけでは効果が出るまで時間がかかるので、サプリメントと併用している方も多いですね。
私はかなりのめんどくさがりなので「毎日地道に」というのが苦手です・・・。
しかも即効性がないので途中で諦めてしまいそうです。

 

4.バストアップクリーム・ジェル
バストアップマッサージと併用している場合が多いですが、コストが安く金銭的に続けやすいというメリットがあります。
しかし、ケアする場所が限られる・毎日塗るのが面倒なわりに即効性はない。というデメリットもあります。
マッサージや体操を同じく、緩やかな効果をじっくり長く続けるのが苦痛になってしまうかもしれません。
また、バストアップ効果が出たという口コミではクリームやジェルよりもサプリを使用している方が多く見られるので、この方法一択というのはなかなか厳しいと思います。

 

5.食事
外側からのケア以外にも身体の内側からバストアップに必要な成分を食事から取り入れるという方法です。
食生活を見直し管理することでダイエットもできるというメリットがあります。
デメリットとしては、バストアップに必要な栄養素を摂取するのに限られた種類を大量に食べなくてはいけないため偏った食事になり飽きてしまう。ということです。
一つの栄養素を摂取するには限界があるので、栄養補助食品(サプリや飲料物など)で補給しながら普段の食生活を気を付けるという方法が効果的だと思います。

 

6.サプリメント
他の方法に比べて低価格でバストアップ以外の美容効果も得られるサプリが多いのが特徴です。
また、飲むだけなので手軽に続けられるというのもメリットの一つです。
豊胸手術のように突然大きくなることはないので周囲にもバレにくいですし、普段の生活に取り入れる方法としては最もお手軽と言えます。
しかし、口コミなどで見る副作用などが気になる場合もあります。
最近ではバストアップサプリメントを取り扱っているサイトでも用法用量を守るよう注意を促したり、もしも身体に合わなかった・効果が出なかった場合でも返金保証してくれるところが多いので上手く活用してお試しすることもできます。
価格設定や手軽さを考えると一番始めやすい方法と言えるので、私はサプリメントを取り入れるのはオススメだと思います。
ただし、サプリメントだけではバストアップの効果に時間がかかるので、マッサージやナイトブラなどと併用するとより効果が得られると思いますよ。

 

色々なバストアップ方法についてメリット・デメリットをご紹介していきましたが、私はサプリメントを取り入れる方法が一番のオススメですね。

 

コスト面・手軽さ・ほかの方法と併用しやすいので、始めやすく続けやすいというのが理由です。

 

 

バストアップサプリをお試ししてみたいという方はコチラのページもご覧ください

 

お試し購入について