ボンキュートには副作用があるの?

ボンキュートで副作用が出たという口コミを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

どれだけ安全で良質な成分を使用していても、用法・用量を守らなければ副作用が起こる可能性があります。

 

 

また、その時の体調や過剰摂取をすると副作用が出る可能性がありますので、副作用を起こさないためにどのようなことに注意すればいいのか?

 

 

副作用が出やすい成分は何かを知り、ボンキュートを飲むタイミングや過剰摂取をしないように気を付けることが大切です。

副作用が起こる可能性がある成分

ボンキュートを適量で飲んでいれば、副作用の心配はありません。

 

副作用は過剰摂取が原因で起こる場合が多いですので、用量を守って服用しましょう。

 

 

●プエラリアミリフィカ(植物性エストロゲン)
 プエラリアミリフィカには女性ホルモンとよく似た働きをする植物性エストロゲンが含まれています。
 女性ホルモンのボランスを整えてくれ、女性らしい身体づくりをサポートします。
 そのため、過剰摂取した場合には月経不順・不正出血などの症状が出る可能性があります。

 

●キャンドルブッシュ
 キャンドルブッシュにはセンノシドという成分が含まれており、便秘やむくみを解消してくれる働きがあります。
 センノシドは下剤の効果が高いので、摂取しすぎると下痢の症状が出てしまいます。
 また、もともと便通が正常な方や緩い方は下痢しやすいので注意が必要です。

 

●オリーブ葉抽出物
 抗酸化作用によるメラニンの生成を抑えるので美肌に効果的です。
 抗菌作用により免疫細胞活性化が促進され風邪やインフルエンザ予防にも効果が期待できます。
 キャンドルブッシュも同様ですが、便秘に効果があるので過剰摂取すると下痢の原因になります。

 

●プラセンタ
 近年では化粧品などにも使用されており美肌効果、アンチエイジング効果、免疫力向上効果が期待できます。
 肌のターンオーバーを促進させ潤いと輝きのある肌作りをサポートしてくれます。
 ただし、摂り過ぎはよくありません。
 アレルギー性皮膚炎の悪化、生理周期への影響、生理時の出血量が増えるなどの副作用が出る可能性があります。

 

●大豆イソフラボン
 女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が似ているので、植物性エストロゲンとも呼ばれています。
 更年期症状の緩和・月経前症候群の緩和・生理不順の改善効果・美肌効果が期待できます。
 大豆イソフラボンは大豆アレルギーの方は摂取を控えなければいけません。
 また摂取しすぎると、女性ホルモンが以上に増えてしまうので、月経周期の乱れや不正出血の原因になります。

 

副作用が起こってしまう原因

ボンキュートを飲んで副作用を起こさないために、以下のことに気を付ける必要があります。

●過剰摂取した場合
いくら効果のある良質な成分が豊富に含まれているからといって、早く効果が出るわけではありません。
サプリメントは長く服用することで、効果が表れるのです。

 

早く効果を出したいからと言って、決められた量を超えて摂取するのは身体に良いわけがありません。

 

過剰摂取とするということは「女性ホルモンを大量に摂取する」ということになります。
生理ではない通常の状態の場合でも、体内が女性ホルモン過剰な状態になります。

 

そうすると女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、バストアップ効果が出るどころか体調を崩してしまいます。

●生理中に服用した場合
ボンキュートに限らずですが、バストアップ全般的に生理中に服用してはいけません。
生理中にボンキュートを飲むと、女性ホルモン過剰の状態になり体調を崩す原因になってしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れると、生理痛の悪化・生理不順・不正出血・倦怠感・頭痛・吐き気・PMS(月経前症候群)の悪化などの症状が出る可能性があります。

 

どの症状も女性にとっては非常に辛い副作用になってしまいます。
生理だけでも体調が優れない場合が多いのに、副作用まで・・・となると体調も気分もよくありませんよね?

 

ボンキュートを飲むなら生理中は控えることが良いでしょう。

●ピルと併用して服用した場合
ピルとボンキュートを併用して服用した場合にも、生理中と同じ副作用が出る可能性があります。
ピルを飲んでいることで体内の女性ホルモンを増やしているために起こるのです。

 

ピルの服用で女性ホルモンが増えている状態で、更にボンキュートを服用すれば女性ホルモン過剰な状態になってしまいます。
もし、ピルを服用している場合は、ボンキュートかピルのどちらかを一旦お休みするようにしましょう。

●妊娠中や授乳中に服用した場合
ボンキュートの公式サイトでも「妊娠中や授乳中はデリケートな時期になるためご利用を控えてください」と注意をしています。

 

妊娠から出産までは女性の身体は大きな変化が起きています。
女性ホルモンの分泌量が増えて活性化しているので、外部から更に女性ホルモンを摂取するとホルモンバランスを崩してしまいます。

 

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすい時期ですので、妊娠中のママだけでなくお腹の赤ちゃんにまで悪影響を及ぼす可能性があります。
妊娠中は絶対に服用してはいけません。

 

また、授乳中のママが摂った栄養は、そのまま母乳として赤ちゃんにも影響を与えます。
小さな赤ちゃんに、大人が摂取する分の女性ホルモンを与えてしまうことになりますので、ボンキュートを飲むなら卒乳後をオススメします。

●体質に合わない場合
ボンキュートに含まれている成分が合わない場合にも体調不良の原因になります。
特に配合成分にアレルギーを持っている方は、症状を引き起こしてしまう可能性があるため服用は控えなければなりません。

 

もし、上記に挙げた生理中・妊娠中・授乳中・ピル服用が無く、適正量を服用しているのに体調が悪いと思った場合は、成分が身体に合っていない可能性があります。

 

その場合はボンキュートの服用をやめて他のサプリメントを試すか内服以外の方法を考えてください。

 

また今までは何でもなかったのに、急にアレルギー反応を起こすこともあります。
その場合は、すぐに服用を止め医師の診断を受けてください。

副作用を起こさないために

 

ボンキュートに含まれる成分は女性らしいふっくらとした身体づくりに非常に効果があります。
また、女性ホルモンにとても良い働きがある成分が多く配合されています。

 

 

適量を守り正しく飲んでいれば問題なく女性らしい身体になるサポートをしてくれます。

 

 

ボンキュートの副作用が起こってしまう原因は上記に挙げたような内容です。
これらの副作用を起こさないために何を注意するべきか?良い方法はないのか?

 

 

以下のポイントに気を付けてボンキュートを飲めば副作用を起こさずに理想の体型に近づけるかもしれまん。

 

 

・生理中には飲まない
・妊娠中や授乳中には飲まない
・用法用量を正しく守る
・ピルとの併用はしない
・成分をよく把握しアレルギー症状が出る場合は飲まない

 

 

以上のことに気を付けていれば、副作用を未然に防ぐことができるはずです。

 

 

ボンキュートにはバストアップ効果以外にも、ダイエット効果や美肌効果が期待できます。

 

 

せっかく美しくなりたい・理想の体型になりたいと思っていたのに、謝った方法でボンキュートを飲んでしまうと逆に自分の身体に悪い影響を与えます。

 

 

効果や結果を出すことに焦ることなく、じっくりバストアップに取り組むことが一番の近道なのかもしれませんね。